FC2ブログ
TOPスポンサー広告勝つために


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP青春勝つために


勝つために
RK13_146.gif

ドラマ ROOKIES 毎週楽しみに観ています。観るたびに自分の高校球児の頃と重なり涙が止まりません。自分たちも高校時代に ONE FOR ALL の精神を叩き込まれました。・・・・もちろん勝つために監督の非情な決断もあり、まさに昨日の放送はその時のシーンが重なりました。

RK13_148.gif

少し、内容が違いますが、自分たちが経験した勝つために監督のとった決断としては同じだったと思います。自分たちの野球部は夏の大会、開会式の3日前から恒例の合宿があります。開会式の前日、その大会に出場できる選手に背番号が配られ、そのメンバーでその年の大会に挑みます。

RK13_151.gif

今までは、3年生は無条件で背番号を貰えたのですが、背番号を配る前日、自分と主力の3年生2人が監督室に呼ばれました。そして・・・一緒に頑張ってきた同級生2人がメンバーから外されることをつげられました。なんとも切ない気持で一杯になりました・・・・。別に自分たちにつげなくても監督の権限でだれも文句を言うはずもないのに、あえてつげられたということは監督も辛かったのだと思います。絶対の威厳を持ち、自分たちなど、普段しゃべる時は、はいといいえぐらいしか言えない人でした。そんな監督の人間らしさ、心の葛藤を感じました。

RK13_1572.gif

背番号が配られる当日・・・・。背番号1から順番に呼ばれ手渡されていきます。3年生が2人背番号をもらえないなんて、誰も思っていないはずです。15番くらいから、そのことを知っている自分は涙がこぼれてしまいました。他の2人もそうでした。最後の18番が配られ(自分たちの頃、ベンチ入りは18人)、監督が「以上、このメンバーで明日からの大会に臨む、各自、帰ってゆっくり休むように」と告げて静かに立ち去りました。
監督だって辛かったはずです。ギュッと拳を握り締めていました。メンバーから外れた2人の3年生は泣き崩れてしまいました。その時、そこにいた3年生はみんな同じ切ない思いだったはずです。
まして、前から知らされていた自分たちは、何とも言えない罪悪感のようなものがあり、ただ「ごめん」と意味のない言葉で謝り、そんなことが何の意味もないことだと分かっていてもそうに言って泣くことしかできませんでした。

RK13_157.gif

部員の多い強豪校なら当たり前の話なのだと思います。日本中にこんな思いをしている球児はたくさんいます。でもみんな一緒に頑張ってきたチームメイト全員で大会に挑みたい心は同じです。
勝つためがすべてではないけれど、それでも勝つために努力をするのが高校野球。
ONE FOR ALL・・・今年もまた熱い熱戦が繰り広げられる季節になりました。
スポンサーサイト

カテゴリ:青春
テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。