FC2ブログ
TOPスポンサー広告息子と愛猫との日々3


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP愛猫息子と愛猫との日々3


息子と愛猫との日々3
neko7.gif

先日、保護した最後の生き残りの仔猫が亡くなりました。

先に逝ってしまった仔猫は医者にみせてあげることもできずにあっという間に逝ってしまいました。

この子は医者に見せてあげることができたのですが、あまりにも生後間もなかったことで、栄養失調と脱水症状になってしまっていて、難しいといわれました。伝染病と寄生虫の心配はないけど、回復するほどの体力はないかもしれないといわれました。

医者の帰り道、息子に「病気じゃないから、体力が回復するといいね」と言ったら、息子は小さくうなずきました。「明日も点滴に来てください」と言われたので、このまま体力が回復すれば元気になるのに・・・2回目の点滴はありませんでした。

この子は、他の2匹と違って苦しまずにそっと、眠るように逝きました。

朝、寝ている息子を起こして、「死んじゃったよ・・・頑張ったけどだめだったね」というと、

息子は黙って、ずっと仔猫をなでていました。もう、死んでしまうかもしれないというのを覚悟していたのか、今迄のように涙はありませんでした。

短い間でしたが、生かしてあげられませんでしたが、息子にとっては忘れられない夏になったでしょう。本当に、仔猫たちにずっと、付きっきりで世話をしていました、初めてのことなのでぎこちなかったですが、立派に母親の代わりをしていたのではないかと思います。
スポンサーサイト

カテゴリ:愛猫
テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット
Back | Top Page | Next
Comments
2008/08/18
from さざなみ #LtMzB4og URL
やはり生後間もない時に必要不可欠なのはママ猫なんですね。
交通事故にでも遭ってしまったんでしょうか?
ヒトのように無責任に行方をくらますとは考えられません。
せっかくこの世に受けた命、息子さんの看護でなんとかなってほしかったですよね。
息子さんが、今こうして在ること、優しい気持ちを持っていること、小さな命にいろんなことを学び涙すること、そのどれもがご両親の愛あってこそということが伝わってくれたら、良いですね。
(もちろん伝わっているでしょうけど)
さざなみさん

ご訪問ありがとうございます。自分たちの愛情はちゃんと息子に伝わっていると思います。

先ほど、さざなみさんのコメントを息子に見せました。涙ぐんで2階に行ってしまいました。

息子の涙を見たくなかったので、自分たちはあえてそのことに触れないようにしていましたが、本当は誰かに何かを言ってほしかったのだと思います。さざなみさんの言葉が少し息子の気持ちを楽にしてくれたようです。

ありがとうございます。
2008/08/19
from Eica #- URL
きっと、その子猫ちゃん、
息子さんの一生懸命の介護に感謝して
いると思いますよ。
きっと、天国にいる兄弟達のもとへ
行きたかったのかもしれませんね。

Aloha with love~,
Eica
Eicaさん

ご訪問ありがとうございます。

もう、15年位飼っている猫がいるんですが、その子が昨日、どうしたのって言うくらい息子にまとわりついて甘えていました。

「もしかして、亡くなった仔猫ちゃんたちの魂がのり移って、感謝しに来たのかもね」って言ったらうれしそうに笑っていました。
2008/08/19
from karu #- URL
はじめまして
かるともうします。
息子さんとてもお優しいですね。
猫ちゃんも幸せだったと思うます。
2008/08/19
from うがんジャー #- URL
ウッチーさん、こんにちは。

愛らしい顔の子猫ですね。
でも天国に逝っちゃったんでね。
残念ですが、最後までウッチーさんのご家族が見守ってくれただけでも、子猫にとって幸せだったのではないでしょうか。
お子さんに命の大切さを教える意味でも、とても重要なことだったのでしょうね。
2008/08/20
from メネフネ #- URL
お久しぶりです。
本当に優しい息子さんですね。きっと子猫たちも一緒に過ごした日々は幸せだったと思います。
今度は空から息子さんを見守ってくれていますよ。
優しい男の子はモテるよ。パパに似たのかな?
karuさん

ご訪問ありがとうございます。息子は本当に優しいんですよ。

自分も、仔猫たちはのたれ死にせず最後をみっとってやれただけ幸せだったと息子に言いました。

また、息子のそばに輪廻転生してくるでしょう。
うがんジャーさん

お久しぶりです。うちは、自分が子供の時も親が動物好きでいろいろな動物がいました。そのせいで、自分も動物が好きで、今までにいろいろな動物がいました。特に猫は多くいたので、猫好きの息子はその子たちが逝く時、いつも泣きながらみとってくれました。

同じ年代の子で、これほど多くの動物をみとった子はいないのではないでしょうか・・・・

命の大切さは知っていると思います。
メネフネさん

すごい久しぶりですね。
仔猫たちは、ほんの何日かでしたが息子が本当に優しくしてくれたので保護してきた自分も救われました。
できれば生かしてあげたかったのですが・・・残念です。

息子は、優しいだけじゃなくて、なかなか色男なんですよ(笑)

すでにもてるらしいです(嫉)


コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

私書箱
池袋の私書箱の紹介です …
2008/08/18 15:27  激安!池袋の私書箱新規オープンです

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。